dango

トップページ - dango

サーバサイドではRubyを使ったFlashとのリアルタイム通信フレームワーク。昨日のFlex勉強会のプレゼンで知りました。
通信はポーリングとかではなくストリーミングで、データフォーマットはJSONとのこと。

データフォーマットはAMF(RubyAMF)を使てみては、とAdobeの外国人から突っ込まれていたけど、確かにフォーマットをJSONとAMFとで選択できるといいかも。
一サーバで100接続くらいはさばけるらしい。複数台でスケールアウトできる仕組みがあれば実用性が高まりそう。

BlazeDSだとFlashから使えないので(何か方法はありそうだけど)、Flashからでも使えるdangoは今後期待大。FMSクローンになれば言うことナシ。

Last updated on July 7, 2015