WEB+DB PRESS Vol.37

WEB+DB PRESS Vol.37

Vol.30のozacc-mail libraryの記事以来の執筆です。今回は「Flex2アプリケーション開発入門」という特集の中で、WebORB for PHPの使い方とサンプルアプリ構築について書きました。WebORB for PHPについての日本語の情報源は本邦初と言っても過言ではありません。

この特集では、Java(S2Flex2。nodさん担当。)とPHPで同じサンプルアプリを作ってます。ActionScriptのソースはRPC実行箇所以外は同じで、Java、PHPで同じ処理内容をそれぞれ実装しています(Javaではセッション、PHPではSQLiteにデータを保存するという違いはありますが)。

サンプルアプリは似顔絵付きアドレス帳。似顔絵データをFlashでPNGフォーマットのバイト配列に変換してAMFを使って他のデータと一緒にサーバに送信、画像データはそのままファイルに保存、他のデータはDBに保存するものです。いわゆるHello World的なサンプルではないので、実装の敷居はちょっと高めですが。。

動いているサンプルアプリも公開中。
できるだけコード量を少なくしたサンプルなので、アプリケーションとしてはすごく大雑把です。(あめちゃんの初期データは消せないようにしています)

同じものを既にDjango AMFでも実装済みなので、来月辺りにDjango AMFのサンプルとしてもリリースする予定です。

Last updated on July 8, 2015