Programming Flash MX

Book: Robert Penner's Programming Macromedia Flash MX

先日オークションで入手したFlash本。大推薦です!!

Flash初心者向けではないです。ActionScriptのOOプログラミングに一章割かれていますが、そんなに詳しく説明されてはいません。また、一般的なOOプログラミングの開発プロセスについても触れられています。Flash本でユースケースやUMLクラス図を見たのは初めてです。

まだ途中までしか読んでいないのだけど、三角関数やベクトル、物理の加速度や重力など高校数学、物理で学んだことを分かりやすく説明してあり、必要となる公式をActionScriptに置き換え、Flashアニメーションで実践に活用できるカスタムクラスを作成していきます。

高校時代は学校のお勉強として数学や物理に取り組んだけど(成績は良かった方。でも微分積分と化学はダメだった。因みに文系学部卒。)、今はFlashで利用するという目的があるので意欲と興味を持って学んでいける。この本は、その意欲と興味、言い換えると知的好奇心をすごく刺激してくる。ワクワクしながら早く次を読みたくなる本。今まで読んだ技術書では経験できなかったことだ。リファクタリングとデザインパターン(J2EEも含めて)の本を読んだときも結構感動を覚えたけど、ワクワクはしなかった。

高校時代の自分に読ませてあげたい本だ。英語については、たまに今までに見たこともない数学の専門用語が出てくるけど、それ以外は滞りなく読めるレベル。

次はこれを読んでみようかな。(もしや数学に目覚めた!?)

Last updated on July 7, 2015