ozacc-mail library is not dead

プログラムで Java を使う機会が減って、もう何年も開発を放置していた ozacc-mail library。
昔、ひがさんに「S2 に組み込んじゃう?」的な話をされたこともあったのだけど、それも何て返事したのか覚えてないくらいに放置。まあ、大きなバグもないみたいだし、枯れまくってて良い感じに熟したプロダクトなんじゃないかと思い込んで放置。
使ったことないけど最近では Commons Email なるライブラリもあるようなので、もう使われてないのかなと思ったりも(このブログエントリーを読んで知った)。

そんな中、久しぶりに Sourceforge を覗いてみたら、フォーラムに「プロジェクトへの参加希望」という面白い書き込みがあったのに気づき、まったく面識のない方だったのですが、この書き込み主の AVE さんに今後の開発をお願いすることにしました。

開発にあたって元開発者として AVE さんにリクエストしたことは一つ。できるだけ機能追加はしたくないということです。自分では API が膨れあがってしまったと思っているので、なるべくシンプルに保ちたいという意図からです。

さて、AVE さんは仕事が速いので、早速 Maven Central リポジトリに 1.2.2 が登録されています。スバラシイ。
http://repo1.maven.org/maven2/jp/sourceforge/spring-ext/ozacc-mail/1.2.2/
これに伴い、groupId がこれまでの「ozacc-mail」から「jp.sourceforge.spring-ext」に変わっています。
今までのリポジトリもそのまま残っているので、1.2.2 までは変わらず利用できます。

また、今まで確か公開していなかったソースコードは Sourceforge の Git リポジトリに上がっています。

というわけで、ozacc-mail の今後の改善にご期待ください。AVE さんが頑張ります!!

Last updated on July 7, 2015